LOCATION

撮影ロケーション

東京駅

赤煉瓦の東京駅を始め、洋館やレトロなビルなどが建ち並ぶ丸の内エリアは、東京の今と歴史を共に感じられる魅力的なスポットが満載。
クラシカルでエレガントな写真を残せる人気ロケ地です。

清澄庭園

明治時代に完成した回遊式日本庭園です。
様々な種類の野鳥が生息し、季節の花々やクロマツが池の周囲を覆います。

  • ※現在、ロケ使用の申請ができないため撮影ができません。

旧安田庭園

両国国技館に隣接する日本庭園です。秋になると、色鮮やかに染まった景色が楽しめます。
東京スカイツリーが近くにあるため、庭園越しにタワーを望むこともできます。

浅草

東京を代表する観光名所として知られる浅草は、江戸時代から商業や伝統芸能を支える繁華街として栄えてきました。
現在もその風情ある街並や昔ながらの商店が残っており、海外から日本を訪れる観光客にも大人気のスポットです。
スカイツリーをバックにした撮影も注目ポイントです。

  • ※浅草寺での撮影はできません。

浜離宮恩賜庭園

東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しむ、回遊式築山泉水庭です。
江戸時代に庭園として造成され、園内には鴨場、潮入の池、茶屋、お花畑やボタン園などがあります。

  • ※現在、ロケ使用の申請ができないため撮影ができません。

小石川後楽園+11,000yen

東京都文京区の後楽園にある都立庭園です。
江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園であり、国の特別史跡及び特別名勝に指定されています。

  • ※現在、ロケ使用の申請ができないため撮影ができません。

肥後細川庭園+16,500yen

細川家下屋敷の庭園の跡地をそのまま公園にした池泉回遊式庭園です。
大きな池を中心として、背後の山並みなど様々な風景の移り変わりを楽しめます。

  • ※平日限定(土日祝日は撮影不可)となります。
  • ※お部屋(茶室)使用の場合は+16,500円(税込)となります。
  • ※現在、茶室での撮影は不可となっております。

甘泉園公園+16,500yen

新宿区立唯一の回遊式庭園で、「甘泉園」の名は、ここから湧く泉の水がお茶に適していたところからきたと言われています。
池を抱く森は周辺とは別世界の静けさを演出し、四季を通して訪れる人々をもてなします。

哲学堂公園+16,500yen

仏教哲学者の井上円了が、精神修養の場として一般に開放した公園です。
梅や桜の名所として知られており、人々の憩いの場になっています。

目白庭園+16,500yen

豊島区目白にある区立庭園です。池泉回遊式の庭園で、池の周りをのんびりと周回することができます。
庭園内には、鈴木三重吉が現在の目白で創刊した雑誌『赤い鳥』にちなんだ「赤鳥庵」(せきちょうあん)や、六角浮見堂が配されています。

  • ※お部屋(茶室)使用の場合は+16,500円(税込)となります。
  • ※現在、茶室での撮影は不可となっております。